一攫千金も夢じゃない!? オンラインカジノでルーレット

オンラインカジノとはインターネットを利用してプレイすることのできるカジノです。その歴史は古く、1990年代より世界中の多くのギャンブラーを虜にしています。ネットでギャンブルと言うと、どうしても胡散臭いと思われがちですが、実際には政府の発行した公式ライセンスを導入しており、運営機関も世界有数の一流ブランドが参入するクリーンで公正なギャンブルです。数多く存在しているギャンブルの中でも非常に高いペイアウト率を誇っており、他のギャンブルと比較しても勝ち易いという魅力があります。 更に、PCとネット環境さえあれば24時間いつでもプレイすることができ、自宅からのんびりと自分のスタイルに合わせて楽しむことの出来る新しいスタイルのギャンブルと言えます。
出典:オンラインカジノとは

オンラインカジノとは?

通常のカジノとは違い、オンラインカジノとは日本国内でもプレイすることができます。名称そのままの意味で、オンライン上で楽しむことができます。基本的にはパソコンを使用して楽しむことになりますので、自宅にはインターネットに繋ぐことができる環境と、パソコンが必要となります。オンラインカジノでも、通常のカジノと同じくチップを購入してプレイすることができます。したがって、日本国内に居ながら本格的なカジノを楽しむことができます。

オンラインカジノは、コンピュータで制御しているのでイカサマがやり放題じゃないかと感じる方もいらっしゃるかもしれません。しかし、日本のパチンコもコンピュータで制御されていますので、イカサマはありません。しっかりと自身の実力と運で勝負することができるので、現在のオンラインカジノです。オンラインカジノの運営元ですが、基本的には外国人の法人が行っています。そして、政府のライセンスを受けているところが多いので、このようなところなら安心して利用することができると言えるでしょう。運営している企業もしっかりとしたところが行っているところも多く、日本にあるダークなイメージはほとんどないのでこの点も安心です。

オンラインカジノは違法?合法?

プレイする環境によっても、合法か違法かの判断は変わることになります。オンラインカジノを日本に置かれている室内で行わせており、これがカジノなどの賭博を中心としているものなら、違法扱いとなります。これは室内でインカジと呼ばれる方法を採用して、店舗で行わせたことによって賭博行為と判断されているからです。店舗がネットを活用してオンラインでプレイさせているなら、それは普通の闇カジノとあまり変わりません。

自宅にいてオンラインカジノをプレイする場合は、かなり有名な名前が書かれていて、しかも英語の表記を中心としているなら合法扱いにならないわけでもありません。実際には違法かもしれませんが、対処することが難しいので扱っていないこともあります。しかし、違法とされているケースがあり、日本語でやり取りのできるカジノだと、違法扱いに認定されます。これは日本人がカジノを行わせるサポートと見られており、犯罪行為に該当するからです。 行っているサイトが、常習賭博罪を適応されるような方法を採用していればそれは違法です。日本語で何でもサポートしていますとか、日本語のチャットが用意されている場合は、違法なオンラインカジノとして考えても構いません。

カジノの女王「ルーレット」

人気のあるカジノゲームの一種であるルーレットは、19世紀初めにフランスで完成し、カジノの女王と呼ばれるほどにまで有名になりました。 一般にルーレット専用台は中央が凹んでおり、この凹みに回転する円盤がはめ込まれている作りになっています。回転盤には同じ大きさのくぼみが沢山あり、それぞれのくぼみに数字が割り振られています。ルーレット台の淵に球が投げ入れられると、中央の回転盤のどこかのくぼみに球が落ちる仕組みになっています。
ルーレットは回転盤の、どのくぼみに球が落ちるかを当てるという単純明快なルールのゲームです。

回転盤にあるくぼみの数は37~38程度のものが多く、場所によって異なります。
ファンにとって馴染みの深いとされている台では、0から36までの37個の数字が用意されている「ヨーロピアン(・フレンチ)スタイル」と、更に「00(ダブルゼロ)」が追加されて38個のくぼみがある「アメリカンスタイル」の2種類です。


その起源、つまりルーレットの歴史と言われているのが17世紀のイタリアに存在したとされる「オカ」と呼ばれるゲームが原型とされ、そこから変化していき19世紀初めにフランスで完成されました。 ルーレットが完成して間もない頃は1から36までの色付き数字と、色無し数字「0」「00」が存在する、38個分のポケットが存在するものでした。 ところが19世紀の中頃、1841年になって、ドイツでカジノを営んでいたフランス人のブラン兄弟は「00」を無くし、ポケットを37個に減らしたスタイルを考えました。 このポケット37区分のルールはヨーロッパで評判となり、高い人気を獲得しました。 現在でもヨーロッパ圏のカジノではこの37区分のルールが主流となっています。 38区分のルーレット台は無くなったわけではなく、アメリカや韓国などのカジノで実際にプレイすることが出来ます。

「ヨーロピアンスタイル」が人気の理由

ルーレットの回転盤には国別のスタイルが存在し、「ヨーロピアンスタイル」「アメリカンスタイル」「メキシカンスタイル」の3つが知られています。 これら3つのスタイルは、赤か黒に塗られた1から36までの数字があること自体に違いはありません。
しかし、「色の塗られていない数字」が存在している個数に違いがあります。

「ヨーロピアンスタイル」に用意されている「色の無い数字」は「0」だけですが、「アメリカンスタイル」になると「0」に加えて「00(ダブルゼロ)」が存在し、「メキシカンスタイル」では更に3つ目の「000(トリプルゼロ)」が入ります。
これら「色の無い数字」はルーレットにおける配当倍率の低くて当たりやすい部類の賭け方、「赤・黒」などで当てることは出来ません。つまり、「赤・黒」や「奇数・偶数」などの当たる確率を低くする要因となっています。
よって、客にとって一番勝ちやすいのは「色の無い数字」が一つだけの「ヨーロピアンスタイル」となります。
「ヨーロピアンスタイル」が最も人気と言われるのも頷けます。

テーブルルーレットと機械式ルーレット

ルーレットの回転盤にはいくつかのスタイルが存在しますが、ポピュラーなものと言えば「アメリカンスタイル」と「ヨーロピアンスタイル」が挙げられ、客側にとっては「ヨーロピアンスタイル」の方が有利だと言われています。
その為、マカオなどの「ヨーロピアンスタイル」を採用している国々ではルーレットの人気が非常に高く、プレイヤーが多すぎて通常のテーブルゲームだけでは限界があるというのが現状です。

そこで、1つの機械式ルーレットを用いて50席以上の客席の設置をして、多くのプレイヤー参加を可能にし、効率の良いゲームの回転と収益を確保しています。
カジノ側はディーラーの配置を少なくとも2名以上程度にしてもゲームが成立し、その上チップの配当や回収は機械が処理してくれるので時間がかかりません。
プレイヤーにとっても一定の時間内でプレーができますから、行動の効率を良く出来るメリットがありますし、ルーレットは当たったときの配当倍率がルールで決められていますから、プレイヤーのベットする金額によって損得の強さが決まる要素が強く、プレイヤー同士で争うことはほとんどありません。つまり、プレイヤーとカジノディーラーによる1対1の勝負となりやすい特徴があります。

ここで気になるのは、ディーラーがボールを好きな場所に入れられるかどうかです。ドラマや小説などのフィクションでは演出のためにディーラーが出目を操るという展開がよく見られます。
もしもディーラーが特定のポケットに入れられる技術を持っていたとしたら、ディーラーは簡単に不正ができてしまうので、一般的なカジノではこのようなディーラーを雇わないと考えられています。

現在の一般的なカジノにおいて、特定の目を任意で出す技術は非現実的だと否定されていますが、特定の目を出さないようにする方法はあります。
実際にそのようなディーラーとの勝負になったら、ディーラーとの1対1の心理戦が繰り広げられることになります。

心理戦を避けたいという人は、ディーラーではなく機械がボールを投げ入れる機械式のルーレットに挑戦することをオススメします。
ほとんどのカジノではルーレットで出た数字の履歴をチェックできるので、機械式ルーレットのあるカジノはデジタル派に人気があります。

自分なりの戦略を組み立てるための「アレンジ力」

ルーレットで当たりを出せる期待値は、カジノ側に有利に設定されていますが、賭ける金額を操作することでプレイヤー側が収益を得られる期待値を上げることは可能です。

例えば資金運用法(「マーチンゲール法」など)を導入したり、自分なりのアレンジ要素を加えるだけでも効果があります。
アレンジ要素を良くする為の方法の一つに、ディーラーがボールを投げ入れるときの動作の持つクセを観察してみることは有効な手です。
一般に、ディーラーが「ピンポイントで特定の目を出す」ことは不可能とされていますが、「特定の出目を外すようなコントロールが出来る技術」は存在するので、ディーラーがボールを投げ入れるときの動作の持つクセを見抜くことは重要な戦術と言えます。
ディーラーの代わりとして機械が自動的にボールを投げ入れる「機械式ルーレット」ならば、機械がボールを投げ入れるときのクセを探すことに応用できます。
このように、様々な情報を組み合わせることで攻略法を確立できます。

資金運用法(マーチンゲール法)とは

カジノでは賭け方、つまり資金の運用をどれだけ工夫出来るかが勝負の分け目になります。
数ある運用法の中でも基本となるものの一つとして挙げられるのが「マーチンゲール法」です。
「マーチンゲール法」とは、負けてしまった金額の倍額を次のゲームで取り戻すという運用法です。

例えば、ルーレットで配当金1倍の賭け方を選択したり、ベット額の1倍の配当が基本のバカラなどでプレーしたりするときに、1$チップを賭けるとします。
勝てば1$の儲けが出ますが、負けてしまうと1$没収されてしまいます。
負けてしまったら次のゲームで負け金の倍額、ここでは2$を賭けます。
勝てば負け金は無くなり、さらに1$の儲けが出ます。
負けたら2戦目のベット額2$の倍の4$で次の勝負に臨むといった感じで賭けていきます。

つまり、(最初の負け金)×(2の(負けた回数)乗)という計算で賭けていきます。
この賭け方で勝負し続けると、負けた後に一度でも勝ったら、負け金を無くせる上に1$の儲けが出るという計算になります。負け金を0にしたら、ベット額を1$に戻してまたゲームを続けます。
つまり「マーチンゲール法」は理論上、負け続けていても一度勝ってしまえばマイナスを帳消しに出来るという方法なのです。

しかし、実際のカジノではテーブルごとにベット額の上限が設定されており、負け金がその上限を超えてしまうと、1回の勝負では取り返せなくなってしまいます。
また、連敗が続くとベット額が大きくなってしまう為、資金が無くなりやすいというデメリットもあります。
資金運用法はあくまで戦略の一要素であって、その他の要素と組み合わせることを考えなければ勝つことは難しいということに注意してください。

ベット受け付け終了タイミングは店によって異なる

ベットのタイミングは球が投げ入れられた直後であっても、「ノー・モア・ベット」と宣言される前ならベットしても良い場合があります。
特に、ディーラーが直接球を投げ入れるというテーブルゲームとしてルーレットで可能な場合が多いです。

ただし、ベット受け付け終了タイミングは、カジノによっては細かい部分が異なっています。
例えば、アジアの一部地域にあるカジノなどでは、投げ入れられる前でしかベットを受け付けない場合があるので、前以て調べておくのが吉と言えます。
投げ入れる前でしか受け付けないルールは客側にとって非常に不利であるため、ディーラーの代わりに機械がボールを投げ入れる、機械式のホイールを使用することが多いです。
機械式のルーレットはマカオの他にもシンガポールなどで採用しているカジノが多く、そのほとんどは出た数字の履歴を表示するボードが用意されているので、読みの参考にすることが出来ます。

ジパングカジノ

ジパングカジノのサポートは24時間いつでも日本語電話サポートに対応しており、業界でも随一の日本人にやさしいオンラインカジノです。
3大ソフトウェアの一角プレイテックのソフトウェアは美しいグラフィックと臨場感のあるサウンドが楽しめます。
ジパングカジノ

迫力のゲーム性が楽しめる
「3Dルーレット」
ジパングカジノ

ライブカメラで本物のディラーと勝負
「ライブルーレット」

ジャックポットシティカジノ

ジャックポットシティは業界一の優秀日本語サポートを誇るオンラインカジノです。
初回購入時に特別ボーナスがもらえます。
それも購入不要でチップがもらえるという仰天のサービスです。

エベレストカジノ

エベレストカジノは使いやすいインターフェイスと機能性に優れたオンラインカジノです。
日本語に対応しており、初回購入時にボーナスがもらえます。このカジノの日本語サポートは業界でも随一と評判の優良サポートです。
初心者入門に最適なシンプルなルーレットが揃っています。
エベレストカジノ

数段階のテーブルリミットが用意されている
「ルーレット・モンテカルロ」
エベレストカジノ

独特の美しい配列とアンプリゾンルールでお勧めの
「フレンチルーレット」

インターカジノ

インターカジノは日本語に対応しており毎月ボーナスまでもらえます。
ボーナスを活用すれば少ない資金で大きく勝てるチャンスです。
美しいグラフィックとマルチプレイヤー機能に優れているクリプトロジック社のソフトウェアのルーレットが揃っています。