マーチンゲール法 オンラインカジノでルーレット

カジノのディーラーとして働く魅力とその特長 壱

マカオやラスベガスなどのカジノに行きますと、ビデオスロットにばかり興じたりしない限りはほぼ確実にディーラーの方々に接することになります。賭け金やチップのやり取りをしてくれる、とても重要な方々ですね。ある意味カジノの『顔』とも言えるでしょう。
ところでカジノと言えば、もちろんお金を稼ぐ事に関する夢の詰まった場所でもあります。中にはその夢を追いかけて毎日のように足を運んで、大きな収入を得ているギャンブラーの方々もいます。人によっては、相当大きく稼いでいる事もあり、文字通りカジノドリームを実現していると言えるでしょう。 中には、運良く大きなお金を手にしている方々もいます。ちょっと観光目的でカジノに立ち寄っただけなのに、思わぬ利益が生じたので、びっくりしている観光客の方々もいるのです。ちなみに、そのような時はたいてい納税手続きが必要です。

ところでカジノで稼ぐのは、何もギャンブラーの方々だけではありません。冒頭で申し上げたディーラーという職業の方々も、実はかなり大きく稼いでいます。それも驚くような収入を得ている事があるのです。
まず少々意外な話ですが、実はディーラーの方々の給料は高くありません。むしろ極めて低い水準と考えて良いでしょう。
アメリカのカジノディーラーの平均時給などは、最低水準ともいわれています。ほぼ最低時給のぎりぎりラインになっているのですね。
にもかかわらず、カジノディーラーは月収100万程度を稼ぐケースもしばしばあります。一体どれ位の労働時間なのかと思いきや、それほど長い時間で働く訳でもありません。
高収入の理由は、チップなのですね。観光客の方々などは、たまにディーラーに対してチップを渡してくれる事があるのです。人によっては、かなり多くのチップを渡すこともあるのですね。
それがどれ位かも人それぞれですが、100ドルぐらいになるケースが一般的です。現在の日本のレートで計算しても、実に1万円前後になるでしょう。富裕層の方々などは、気前良く300ドル位手渡しくれる事もあります。時給は極めて低いですが、チップの額が相当大きいので、ディーラーは実は高収入の職業なのですね。
しかもディーラーは、引く手あまたです。そもそもカジノという場所は、たいてい24時間オープンしているでしょう。マカオのカジノなどは、ほぼ確実に24時間空いています。
そこで働く従業員としては、大抵は交代制になるのですね。1日に3回から4回程度は入れ替わりますので、少なくとも1つのカジノ施設にて、100人から300人くらいのディーラーが必要になります。そこまで人数が必要となると、やはり引く手あまたなのは間違いないでしょう。

   

マーチンゲール法

マーチンゲール法の利点

マーチンゲール法は「ハイロー」「オッドイーブン」「レッドブラック」などの勝率がおおよそ2分の1で配当が2倍以上の賭けに有効な投資法です。
理論上、1回勝てば絶対に負けない賭け方です。
ただし投資金が無限にあり、かつテーブルリミット(賭けの上限)を制限されていない場合に限ります。

マーチンゲール法の手順

当たるまで賭け金を倍々にしていくという単純な投資法です。
勝った時にはその時の賭け金に関わらず必ずスタート時の賭け金だけ勝つようになっています。

以下は$1からスタートして6連敗後の7回目に勝利した場合のシュミレーションです。

  1回目 2回目 3回目 4回目 5回目 6回目 7回目
賭け金 $1 $2 $4 $8 $16 $32 $64
勝敗結果 × × × × × ×
配当 0 0 0 0 0 0 128
損益収支 -1 -3 -7 -15 -31 -63 +1

マーチンゲール法の注意点

オンラインカジノにおいてはどんなに豊富な資金をもっていてもマーチンゲール法で無制限に賭け続けることはできません。
なぜなら、オンラインカジノのゲームには、テーブルリミット(賭け金の上限)が設定されているからです。
よって、極力テーブルリミットの高いカジノゲームで使用するのが理想的です。