アメリカンルーレット オンラインカジノでルーレット

日本国内にカジノを作る主なメリット 弐

日本にカジノを作るメリットとして、観光客の誘致以外にも雇用に関するメリットもかなり大きいと期待されているのです。
当然ですが、カジノが創設されれば、それだけ多くの従業員が必要になる事は間違いありません。
例えばアジア地域のあるカジノの場合は、そこで働く従業員は数千人レベルになります。数千人というのは、かなりの大企業なのは間違いありません。
それで今後日本に多くのカジノが作られれば、当然それだけ多くの雇用が創出される事になります。もちろん新たな雇用が生み出されると、日本に対する経済効果も期待できると考えられているのです。
かなり多くの方々に対する雇用を作り出せると考えていますので、現在国としてもカジノには乗り気なのですね。
そして上述のように、日本にてカジノが作られれば、それなりに大規模になると考えられています。少なくともアメリカに次ぐ規模になるとも見込まれている訳ですから、それだけ多くの方々に対する雇用を創出できるとも言えるでしょう。

そして一番大きなメリットですが、税金です。多くの方々がご存知のように、現在の日本では税収強化を考えています。様々な理由により、税金が必要だからです。
税収増を生み出す為の方法として、カジノがクローズアップされているのです。実際アメリカなどでも、カジノによる税収は軽視できないレベルになっています。
アメリカでは、カジノはもはや一大産業の1つにもなっているのです。とりわけインディアンカジノなどは、かなりの税収を生み出しています。
壱でも述べた通り日本にてカジノが作られると、世界でも有数の規模になると考えられますので、それなりに大きな税収が発生するとも期待できる訳です。現在の日本ではお金が少々不足している状況ですし、それをカジノ税で補うことは、それなりに大きなメリットがあると期待している訳です。

それと、カジノ自体を作る事による経済効果です。カジノという巨大な施設を作るにしても、もちろんそれなりの建設事業が進むことでしょう。
という事は、建設に関わる各業界としても、それなりに大きなお金が動くとも考えられる訳です。もちろん建設に伴って、さらなる雇用も促進される可能性があります。
そもそも日本のどこかに大きな施設を作るとなると、それだけお金が大きく動くことだけは間違いありません。それは日本にとってプラスになるでしょう。カジノ建設費用なども一定の効果は期待できる訳ですから、やはり国としても乗り気なのです。
ちなみに現時点では、カジノディーラーの育成なども国内にて促進されています。将来カジノにおけるディーラーとして活躍できる人材を育成する為のプロジェクトも、まさに進行中です。もちろんそのプロジェクトに伴って、やはり上述のような経済効果が生じる訳です。

これらの点を踏まえますと、現在の日本にとってのカジノ建設は、「経済効果」のメリットが大きいとも言えます。ですので最近では、この国にそれを作ろうという議論が盛んになってきています。

アメリカンルーレット

アメリカンルーレットは、ホイールと、小さなアイボリーボール、ベッティング・レイアウト(賭けるテーブル)を使って行われます。
ホイールはアメリカン・ホイールで、38のスロットに区切られており、スピンドルの上で回ります。36のスロットには1から36の数字がふられており、半分が赤で、もう半分は黒です。
残りのスロットは緑で、「0」と「00」の数字がついています。


フランスで誕生しヨーロッパを渡ってアメリカにもたらされたルーレットは控除率の拡大を図って「シングルゼロ」から「ダブルゼロ」に変更されたといわれています。



現在多くのカジノで使用されているルーレットはこのアメリカンタイプです。

アメリカンルーレットのハウスエッジ

ハウスエッジとは控除率ともいい、「カジノの取り分」です。
このハウスエッジが低いほどプレイヤーに有利となり勝ちやすくなります。逆にハウスエッジが高いとカジノに有利となりプレイヤーが勝つのは難しくなります。

アメリカンルーレットは世界中で最もポピュラーなルーレットですが、そのハウスエッジは全ルーレットゲーム中最も高くなっています。
ルーレットのハウスエッジはどのポイントに賭けてもほぼ同一です。

(例)赤黒賭けでハウスエッジを算出する

まずはペイアウトを計算してみます。

18箇所の赤(もしくは黒)×当たった場合の配当2倍
÷ホイール全体のポイント数38箇所(赤18+黒18+"0"+"00")
×100%≒94.74%

ハウスエッジは100%からペイアウトを差し引いた値ですから、

100%-94.74%=5.26%

となり、アメリカンルーレットのハウスエッジは5.26%となります。