ルーレットのルール オンラインカジノでルーレット

日本国内にカジノを作る主なメリット 壱

現在の日本では、カジノは合法化はされていません。その為そもそもカジノ施設自体が、日本に存在しないのが実情です。
しかし昨今の流れをみてみると、日本に於いてもカジノをどんどん作ろうとの話題が急浮上してきています。なぜならカジノを作る事が、それなりに大きなメリットがあると考えられているからです。
では日本にカジノを作る事には、どのようなメリットが存在するかと言うと、まず社交の為の場が作られる事です。そもそも日本人の方々は、やはり社交などを望んでいる事もあります。それで国としても、そのような場を増加させるのは望ましいと考えている訳です。
現にヨーロッパにある施設などは、いわゆる社交場の1つになります。ヨーロッパでは施設の格式も高いのですが、会員登録をした方々の間でのコミュニケーションの場としてよく用いられています。
そのような目的などがあって、日本にもカジノを作る方が望ましいという意見が浮上している訳です。

その他にもメリットがあります。このメリットはかなり国としても重視していますが、観光客の増加です。
そもそも日本としては、経済の活性化等々の理由・目的の為に更に外国人観光客を増加したいと考えています。増加達成に関わる色々な事を考えていますが、その中の一つとしてカジノを作る案が浮上する訳です。
現に日本人の中にも、カジノでプレイをする為に外国に行かれる方が多数おられることも事実でしょう。その目的地としてはラスベガスやマカオなどが、良い例です。
そのような方々は、日本人に限らずとも世界少なからず存在する訳です。ですので日本にカジノが作られれば、更に外国人の観光客を誘致できると考えています。
それによって多くの世界各国から日本に対してお金が流れてくれば、日本にとってはプラスとの意見も多く見られる訳です。つまり日本の観光事業が活性になるメリットがある訳です。

ちなみに日本にカジノ施設を作った時には、かなりの規模になると期待されています。
実際、まだカジノが解禁されていない今の時点で日本の国内各地でカジノ誘致・立地の提案が様々な自治体や企業などからされているのが実情です。

※現在アメリカにあるカジノなどは、世界最大規模を誇っています。もしも日本がカジノを作った時には、それに次ぐレベルになると想定されています。その経済効果に関わるメリットにより、今後は日本各地の要所にてカジノが作られるのではないかとの意見が急浮上しています。

   

ルーレットのルール

ボールが落ちる数字か色を当てるだけ

ルーレットのルールはいたって簡単です。

ゲームは「36までの数字と0の37箇所のポイント」もしくは、「36までの数字と0と00を加えた38箇所のポイント」を持つ回転するホイールから、ディラーが投げ入れたボールがどこで止まるかを予想するだけです。
数字にはそれぞれに赤か黒の色が割り当てられていて、色に賭けることもできます。
配当はプレイヤーがどの箇所に賭けたかによって決定し、2倍から最高36倍の配当を得ることができます。

リアルカジノとオンラインカジノの違い

リアルカジノとオンラインカジノのルーレットの違いは「No moro bet」(ノーモアベット)の有無です。

ラスベガスやマカオのルーレットで賭け始めることができるのは前のゲームの配当が終わりチップなどがすべて片付けられてからです。
また、ディラーがボールを投げ入れた後も「No moro bet」と言われるまでは賭けることができます。
「No moro bet」と言われた後には絶対にチップに触ってはいけません。
「No moro bet」と言われるまではいつ賭けてもいいので、ディラーの意図を予測して賭ける場所を決めているプレイヤーもいます。

ブラックジャック ベーシックストラテジー

しかし、オンラインカジノではプレイヤー自身がベットしてホイールの回転をスタートさせるので、「No moro bet」が存在しないのが一般的です。
ただし、一部のオンラインカジノゲームのライブディラーやマルチプレイヤーゲームなどでは「No moro bet」が存在します。