空回し攻略法 オンラインカジノでルーレット

ハウスエッジを0に近づける為の2つの方法とは 弐

壱ではハウスエッジと言うものが最低限存在する必要があるという事について説明しました。
ですがお金を賭け続ける方々からすると、少なくとも利益を生み出したい事だけは、間違いありません。稼ぐ為にゲームを行うからです。ですのでプレイヤーの方々としては、何とかしてハウスエッジを0にしたいものです。そして、工夫次第でそれは可能なのですね。
0にする為の手段は主に2つあって、まずゲームはよく選ぶべきでしょう。それはルーレットを想像すると分かりやすいです。
あのゲームには0という目がありますが、中には「0」と「00」という2つの目が用意されているゲームも存在します。いわゆるダブルゼロと呼ばれるタイプです。
そのようなゲームの場合は、ハウスエッジは総じて低めになる傾向があります。0が2種類あるゲームでなく、1種類だけ用意されているゲームを選ぶのが大切なのですね。利益率には大きく関わるポイントだけに、それは確認を怠らないようにすべきでしょう。
またカジノ会社による違いも軽視できません。オンラインカジノにも様々な会社が存在する訳ですが、それぞれハウスエッジの数字も微妙に異なる訳です。できるだけ利益率が高く見込めるカジノを選ぶべきなのは、言うまでも無いでしょう。

そしてなによりエッジを低くする為には、賭けるお金の数字調整も大切です。ひたすら同額で賭け続けない方が良いでしょう。
例えば丁半博打で、ずっとお金を100円ずつ賭け続けたとします。それでハウスエッジがマイナス3なら、いずれ予算がマイナスになってしまうでしょう。ちょっと専門的な表現を用いると、いわゆる元本割れですね。
それを防ぐ為には、賭けるお金を調整すれば良いのです。例えば100円賭けて、負けてしまったとします。その時は次回も100円賭けるのではなく、200円にしてみると良いでしょう。200円賭けて勝つ事ができれば、もちろん400円を受け取れる訳です。負けたマイナス100円を差し引いても、プラス300円という利益になるでしょう。ちなみに200賭けても負けた場合は、400円を賭けて倍返しを狙います。
このように金額を2倍にしていくやり方もある訳です。それならハウスエッジは、理論的にはプラスに近づきます。
ただし、ずっとお金を2倍にし続けるのは、あまり現実的ではありません。それはあくまでも手持ちの予算が無制限にある方々の話です。
ですのでずっと倍にし続けるのではなく、時には300円や600円などと数字調整をするのも大切です。この賭け金に関するセオリーは色々と存在しますので、勉強をしておくと良いでしょう。

つまりエッジをプラスに近づける為には、「カジノとゲームを厳選する事」と「掛け金を調整する事」の2点が大切なのです。

   

空回し攻略法

 各種ベットシステムを使用するときに最も障害となるのはゲームのベットリミットです。
 あまりに連敗が続いてしまうと、たとえ豊富な資金をもっていてもゲームのベット上限に引っ掛かってしまい、システムが機能しなくなるからです。
 ある程度の連敗が続いた時点でベットシステムをスタートさせたいと思っている人もいるでしょう。

 また、ルーレットの出目にはあくまでも「波」があると感じており、チップを費やせずに波を図る方法を探している人もいるでしょう。

 そんな時に使える機能がこの「空回し」です。
 空回しとはチップを置かずにルーレットを回転させることです。これによって出目の履歴を付けておいて、好きなときに実際にチップを賭けてスタートすることができます。

 空回しが使えるオンラインカジノのルーレットは以下の通りです。

ジパングカジノ
       ジパングカジノ
すべてのルーレットで空回し可能
インペリアルカジノ
インペリアルカジノ
フリープレイモードを使って空回し可能
ウィリアムヒルカジノ
ウィリアムヒルカジノ
ライブディラーでも空回し可能

 残念ながらジャックポットシティカジノでは空回しは使えません。
(練習モードが使えますが、リアルマネーに切り替えるためには、一旦ログオフしなくてはならないため面倒です。)

 確率論的にはルーレットの一回のスピンは独立事象なので、どのように連敗が続いたとしても、それ以降のゲームに影響はありません。
 飽く迄「気分的なもの」ですが、この「空回し攻略法」を使ってみてはどうでしょうか?