ココモ法  オンラインカジノでルーレット

オンラインカジノの要点・メリット 弐

○日本語が不自由な場合もある

カジノを運営しているのは、海外の会社である可能性もあるため、返還されている日本語が不自由になっており、わかりづらいものになっていることもあります。
もしそうした状況になっているなら、自分でおかしいと思っているところを、色々な方法で把握しなければなりません。ニュアンスがわかりづらくなっているもの、明らかに文章がおかしい物もありますが、これはWEB翻訳などを活用すれば、何とか把握することが出来ます。

本来なら、日本人のスタッフが対応しているケースもありますが、そうしたスタッフを置いていない場合は、どうしても変換に間違いが出てしまいます。
自動翻訳を利用している可能性もあるため、あまりいい日本語になっていない可能性もあります。そうした時に、把握することが難しいと思っているなら、自分で英語を変換して、どのようなことを伝えたいと思っているのかを知っておくことが大事で、それができているならわかりやすくなります。
もし困っていることがあるなら、オンラインカジノ側に問い合わせをするのもいいですが、色々な変換を通じて把握しておくスタイルも大事になっています。
様々なことをやっていることで、最終的に良い結果が出てくるとか、キャンペーンのことがわかってくるようになると、よりオンラインカジノをプレイしやすいと感じることが出てきます。おかしいと思ったところは、調べて把握することも大切です。

○日本人向けのオンラインカジノもある

そもそもオンラインカジノというのは、海外のユーザーを狙っているわけではありません。カジノが禁止されている国を対象としていることが多く、その一番の狙いは日本になっています。
そのため日本語に対応しているのは、オンラインカジノをプレイしてもらいたい日本人に対して、わかりやすいようにしています。海外の人がプレイするなら、近くのカジノを利用すればいいだけなので、あまりオンラインカジノを利用している人は多くありません。
日本のように禁止されていて、行っていることが罰せられることに繋がるのであれば、そうした問題を解消するために、オンラインカジノを利用することがあります。もちろんカジノですから、お金を利用して勝負をすることに変わりありません。その時にコミュニケーションを取れなかったり、情報を把握することが出来ないままだと、日本人はかなりプレイしづらいと思ってしまうので、日本語に対応しているところが多いのです。
英語だけしか対応していないところは、他の理由があって日本語に対応していないところであり、それは利用しないほうが無難です。やはり自分たちが利用している言語で把握することが一番いいことであり、オンラインカジノをプレイすることによって、様々なことを把握できるようになっている日本語のほうが、安心してプレイできる状況にあります。

   

ココモ法

ココモ法の利点

ココモ法は「コラム」や「ダズン」など、勝率がおおよそ3分の1で配当が3倍以上の賭けに有効な方法です。1回でも勝てば、確実に利益を出すことができます。

ココモ法の手順

(1) まず$1(初期投資額)を賭けます。
(2) 負けた場合、同じく$1を賭けます。
(3) さらに負けた場合、前回の賭け金($1)+前々回の賭け金($1)=$2を賭けます。
(4) さらに負けた場合、前回の賭け金($2)+前々回の賭け金($1)=$3を賭けます。
(5) 負け続ける限り、前回の賭け金+前々回の賭け金を賭け続けていきます。

以下は配当が3倍のゲームで6連敗して7回目に勝利した場合のシュミレーションです。

  1回目 2回目 3回目 4回目 5回目 6回目 7回目
賭け金 $1 $1 $2 $3 $5 $8 $13
勝敗結果 × × × × × ×
配当 0 0 0 0 0 0 39
損益収支 -1 -2 -4 -7 -12 -20 +6

ココモ法の注意点

比較的低リスクながら、確実に利益をだせる優秀な投資法です。
ただし、配当3倍以上のゲームにしか使えないことを注意してください。